Python エスケープシーケンスを無効にする方法

そもそも「エスケープシーケンス」とは何か

エスケープシーケンス(escape sequence)とは、特殊な意味を持つ文字を文字列内(文字列リテラル)で使うときに、通常の文字と区別するため記述方法をエスケープシーケンスと呼びます。

エスケープシーケンスには\\\n \t などがあります。

\\\ を出力

\n は改行を出力

\t はタブ(TAB)を出力

エスケープシーケンスを無効にする方法

row文字列にすることで、エスケープシーケンスを無効にすることができます。

先頭にrもしくはRをつけることで、raw文字列にすることができます。

エスケープシーケンスを無効にすることで、正規表現を記述する場合やWindows OS環境におけるパスを指定するときに有効になります。

以下はサンプルプログラムとその出力結果です。

print("Python\nAI")

出力結果

Python
AI

print(r"Python\nAI")

出力結果

Python\nAI

Pythonやデータ分析を効率よく学ぶには?

Pythonやデータ分析を効率よく学ぶには、普段から分析業務をしている現役のデータサイエンティストに質問できる環境で学ぶことです。
質問し放題かつ、体系的に学べる動画コンテンツでデータ分析技術を学びたい方は、オンラインで好きな時間に勉強できるAI Academy Bootcampがオススメです。受講料も業界最安値の35,000円(6ヶ月間質問し放題+オリジナルの動画コンテンツ、テキストコンテンツの利用可能)なので、是非ご活用ください。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。