【初心者向け】LightGBMとは?特徴とインストール方法を学ぼう!

LightGBMとは

LightGBM(ライト・ジービーエム)はMicrosoftが開発した決定木アルゴリズムに基づいた勾配ブースティングアルゴリズムを扱うための機械学習フレームワークです。勾配ブースティング決定木のフレームワークにはLightGBM以外にも、XGBoostCatboostも有名です。

LightGBMの特徴

LightGBMの特徴として、まずモデルのトレーニング処理の時間が短いことが挙げられます。Light(軽い)と名付けられたはそのためです。また、LightGBMは内部でヒストグラムをベースとしたアルゴリズムを採用していることもあり、メモリ効率が高いです。しかし、過学習しやすいという特徴もあります。ですので、決定木の構造をハイパーパラメータで適切に調整する必要があります。

LightGBMのインストール

Macユーザーの方は、ターミナルで以下のコマンドを実行してください。

brew install libomp
pip install lightgbm
pip list --format=columns | grep -i lightgbm

Anacondaを利用している方やWindowsの方は次のコマンドでインストール可能です。

conda install -c conda-forge lightgbm

LightGBMを使いこなすために

この記事では、LightGBMの特徴やインストールに関してのみ解説しましたが、LightGBMを扱うためには、LightGBMの数あるパラメータを知っておくことや、学習データの数が多い場合などに発生するメモリオーバーに対する回避方法など知っておくと良いでしょう。

興味のある方は、以下の記事なども是非確認ください。

関連:LigthGBMのパラメータ一覧を取得する方法

チャットで質問し放題プランでLightGBMに関して質問する(AI Academy Bootcamp)

おわりに

この記事では、Kaggleなどのコンペティションでよく用いられるLightGBMに関しての簡単な説明や特徴などを学びました。

機械学習を学ぶ上でオススメなのは、機械学習エンジニアからいつでも質問できる環境で学ぶことです。

AI Academy Bootcampなら、6ヶ月35,000円にてチャットで質問し放題の環境で、機械学習やデータ分析が学べるサービスを提供しております。
数十名在籍しているデータサイエンティストや機械学習エンジニアに質問し放題の環境でデータ分析、統計、機械学習、SQL等が学べます。AI人材に必要なスキルを効率よく体系的に身に付けたい方は是非ご検討ください。

1 COMMENT

Leave a Reply